HOME     研究部紹介     メンバー紹介

研究部紹介ABOUT US

メンバー紹介

溝上哲也 (Tetsuya Mizoue)

役職
部長
出身
広島県御調町(現、尾道市)生まれ
産業医科大学医学部卒(昭和63年)
産業医科大学大学院(医学博士)
研究テーマ
職域での生活習慣病予防、ビタミンD、途上国での学校保健
趣味
ソロギター、低山トレッキング

自己紹介
職域における生活習慣病研究や栄養精神研究に部員とともに取り組んでいます。 個人的にはビタミンDに関心を持ち、がん・糖尿病・抑うつとの関連を報告してきました。 スリランカでの学校保健研究により、子どもたちが親や地域の健康に貢献できる可能性を見出しました。2020年、新型コロナウイルス蔓延による健康影響を評価するため、NCGMや企業での研究を開始しました。

井上陽介 (Yosuke Inoue)

役職
予防医学研究室長
出身
神奈川県横浜市生まれ
東京大学大学院医学系研究科 博士(保健学)
研究テーマ
発展途上国における都市化と慢性疾患
趣味
スポーツ観戦

自己紹介
もともとは中国海南島の農村部コミュニティでフィールドワーク研究をしていました。 現在は、広義の環境要因が人の健康をどのように決定しているかということをテーマに、社会疫学、産業保健学、国際保健学の研究を進めています。

三木 貴子(Takako Miki)

役職
上級研究員
出身
兵庫県出身
東京大学大学院公共健康医学専攻 公衆衛生学修士(専門職)
東京大学大学院医学系研究科 博士(保健学)
東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野客員研究員
研究テーマ
予防医学、精神保健、栄養疫学
趣味
料理、きれいな景色を見ること

自己紹介
予防医学、精神保健、栄養疫学に関心を持っており、日々の生活で心身ともに健康に過ごすために役立つ科学的知見を創出すべく研究に励んでいます。 国際色豊かな研究室で、様々なバックグラウンドの方と関わることができ、大変有難く思っています。 一日、一日を大切に、研究を通じて皆様の健康に貢献できれば幸いです。

Dong V. Hoang

役職
上級研究員
出身
Hanoi, Vietnam.
研究テーマ
Screening and prevention of non-communicable diseases.
趣味
Swimming and action movies.

自己紹介
I graduated from Hanoi Medical University in 2004, Vietnam, and completed my doctorate degree of public health in 2016, from Curtin University, Western Australia. My main interest is in screening and prevention of chronic diseases in low-resource settings. Working at the Department of Epidemiology and Prevention is a valuable opportunity for me to further specialise in this particular research area. Currently, I am interested in community-based screening for undiagnosed diabetes in rural areas of Central Vietnam. I am an easygoing person, and highly adaptable to various working environments.

福永亜美(Ami Fukunaga)

役職
研究員
出身
山口県出身
Master of Public Health (M.P.H.) degree from the University of Maryland, College Park, USA
研究テーマ
生活習慣病の疫学・予防
趣味
旅行、ヨガ

自己紹介
私は海外で長年生活することで、日本と海外での健康に対する意識の違いを目の当たりにし、疫学研究を通して、日本における健康推進や国際保健に貢献することはできないかとの思いから、こちらの研究部でお世話になることになりました。現在は国内および発展途上国における生活習慣病に関する研究に取り組んでいます。

Zobida Islam

役職
研究員
出身
My birth place is Bangladesh.
I completed my master's degree(MPH)from the Department of Public Health,First Capital University of Bangladesh.
研究テーマ
Association between social jetlag and metabolic syndrome.
趣味
Watching horror movies, designing cloths.

自己紹介
I am very passionate about learning, want to build my career in epidemiological research field. So that I can learn something new, at the same time prove my efficacy.As a newcomer, I consider myself privileged to get an opportunity to work in the Department of Epidemiology and Prevention and hope that it will help me to achieve my goal. My current interest includes the association between social jetlag and metabolic syndrome. Metabolic syndrome is well acquainted as a non-communicable disease among Asian population, but the effect of social jetlag on it, is still unknown.It would be of interest to know which factors are related to social jetlag and its relationship with the development of metabolic syndrome.

山本尚平(Shohei Yamamoto)

役職
研究員
出身
石川県出身
理学療法士
北里大学大学院医療系研究科
研究テーマ
腎疾患(慢性腎臓病・血液透析・腎移植)、リハビリテーション科学
趣味
すぐ飽きるため、都度異なる

自己紹介
これまで、慢性腎臓病・血液透析・腎移植後患者のフレイル・サルコペニアに着目した研究をしてきました。現在はこちらの研究部でお世話になりながら、一般集団における慢性腎臓病の発症・重症化予防に関する疫学研究を進めています。

Rachana Manadhar Shrestha

役職
Researcher
出身
I was born in Kathmandu, Nepal.
I have completed Master’s and PhD degree in International Health from Department of Community and Global Health, The University of Tokyo.
研究テーマ
School health and nutrition programs and policies, school meal program, school and home garden program and students’ dietary practices, sexual and reproductive health education among adolescents.
趣味
cooking and travelling

自己紹介
Being a graduate from Community and Global Health Department, I see myself as a global health researcher. My primary research interest is school-based health programs and school health policies and strategies. I believe that schools are in unique position to promote health of school students and their families. School health can be a cost effective interventions to improve both health and education outcomes of school students simultaneously. I have been actively involved in school-based health program evaluations and interventions and have worked with schools, school students and their parents in several local communities in different districts in Nepal. In future, I would like to contribute more as a school health expert for the health promotion of school students and their communities. Besides, I would also like to expand my horizon in research field by involving myself in research activities related to different public health issues.

桑原恵介 (Keisuke Kuwahara)

役職
特任研究員
出身
兵庫県西宮市
帝京大学大学院
公衆衛生学研究科 講師
研究テーマ
予防医学、身体活動・運動、情報
趣味
季節の遷り変わりを楽しむこと

自己紹介
産業保健活動の推進に役立ちうる、疾病の発症・進展予防に関する科学的知見を示すために、疫学研究に励んできました。
地道に発信してきた成果が糖尿病診療ガイドライン等に反映されるようになり、ありがたく思います。
2014年から先駆的な公衆衛生教育に取り組む帝京大学において教育に携わり、日々良い刺激を受けています。