HOME     業績

業績PUBLICATION

業 績 - 2010年

論文

  • その他
    • Asia Pac.J.Clin.Nutr ,19(4):564-571,2010.
    Prospective cohort study evaluating the relationship between salted food intake and gastrointestinal tract cancer mortality in Japan.
    Murata A, Fujino Y, Pham TM, Kubo T, Mizoue T, Tokui N, Matsuda S and Yoshimura T.

論文

  • JPHCスタディ
    • Am.J.Clin.Nutr,92(6):1468-1477,2010.(Dec)
    Rice intake and type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-Based Prospective Study.
    Nanri A, Mizoue T, Noda M, Takahashi Y, Kato M, Inoue M,Tsugane S, Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.

論文

  • その他
    • Obesity(Silver Spring)18(12):2374-78,2010.(Dec)
    Relations between waist circumference at four sites and metabolic risk factors.
    Matsushita Y, Tomita K, Yokoyama T, Mizoue T.

論文

  • その他
    • Scand J Gastroenterol45(10):1223-31,2010.(Oct)
    Dietary fiber, source foods and colorectal cancer risk: the Fukuoka Colorectal Cancer Study.
    Uchida K, Kono S, Yin G, Toyomura K, Nagano J, Mizoue T, Mibu R, Tanaka M, Kakeji Y, Maehara Y, Okamura T, Ikejiri K, Futami K, Maekawa T, Yasunami Y, Takenaka K, Ichimiya H, Terasaka R.

論文

  • JPHCスタディ
    • Eur J ClinNutr,64(10):1244-7,2010.(Oct)
    Magnesium intake and type II diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-Based Prospective Study.
    Nanri A, Mizoue T, Takahashi Y, Kirii K, Inoue M, Noda M, Tsugane S.

論文

  • その他
    • Journal of Clinical Metabolism & Diabetes1 ,(2):55-60,2010.(Sep)
    Relation between dietary calcium and vitamin D and risk of diabetes and cancer: a review and perspective.
    Noda M,Mizoue T.

論文

  • 日立健康研究 I
    • Diabetes Care,33(9):2117-9,2010.(Sep)
    Associations of visceral and subcutaneous fat areas with the prevalence of metabolic risk factor clustering in 6,292 Japanese individuals: the Hitachi Health Study.
    Matsushita Y, Nakagawa T, Yamamoto S, Takahashi Y, Yokoyama T, Noda M, Mizoue T.

論文

  • 地方公務員研究(KOM)
    • Eur JClin Nutr,64(8):832-9,2010.(Aug)
    Dietary patterns and depressive symptoms among Japanese men and women.
    Nanri A, Kimura Y, Matsushita Y,Ohta M, Sato M, Mishima N, Sasaki S, MizoueT.

論文

  • JPHCスタディ
    • Endocr J ,30;57(7):629-37,2010.(May)
    Fasting plasma glucose and 5-year incidence of diabetes in the JPHC diabetes study - suggestion for the threshold for impaired fasting glucose among Japanese.
    Noda M, Kato M, Takahashi Y, Matsushita Y, Mizoue T, Inoue M, Tsugane S, Kadowaki T.

論文

  • その他
    • Cancer Sci ,101:1695-1700,2010.(Jul)
    Circulating vitamin D and colorectal adenomas in Japanese men.
    Takahashi R,Mizoue T, Otake T, Fukumoto J, Tajima O, Tabata S, Abe H, Ohnaka K, Kono S.

論文

  • その他
    • Asian Pac.J.Cancer.Prev.;11 Suppl 2:107-148,2010.
    Cancer epidemiology and control in north-East Asia - past, present and future.
    Long N, Moore MA, Chen W, Gao CM, Lai MS, Mizoue T,Oyunchimeg D, Park S, Shin HR, Tajima K, Yoo KY and Sobue T.

論文

  • その他
    • Malar J,9:98,2010.(Apr)
    School-based participatory health education for malaria control in Ghana: engaging children as health messengers.
    Ayi I, Nonaka D, Adjovu KJ, Hanafusa S, Jimba M, Bosompem KM, Mizoue T, Takeuchi T, Boakye DA, Kobayashi J.

論文

  • その他
    • J Travel Med,17(2): 105-110,2010.(Mar-Apr)
    Descriptive epidemiology of travel-associated diarrhea based on surveillance data at Narita International Airport.
    Hachiya M, Kikuchi H, Mizoue T.

論文

  • JPHCスタディ
    • J Nutr,140(3):580-586, 2010.(Mar)
    Soy product and isoflavone intakes are associated with a lower risk of type 2 diabetes in overweight Japanese women.
    Nanri A, Mizoue T, Takahashi Y, Kirii K, Inoue M, Noda M, Tsugane S.

論文

  • 地方公務員研究(KOM)
    • Eur J ClinNutr ,64(3): 289-296, 2010.(Mar)
    Serum folate and homocysteine and depressive symptoms among Japanese men and women.
    Nanri A, Mizoue T, Matsushita Y, Sasaki S, Ohta M, Sato M, Mishima N.

論文

  • JPHCスタディ
    • Int J Obes (Lond),34(2):348-356, 2010.(Feb)
    Weight change and all-cause, cancer and cardiovascular disease mortality in Japanese men and women: The Japan Public Health Center-Based Prospective Study.
    Nanri A, Mizoue T, Takahashi Y, Noda M, Inoue M, Tsugane S.

論文

  • 地方公務員研究(KOM)
    • Cancer Sci ,101(2): 517-522,2010.(Feb)
    Body iron store as a predictor of oxidative DNA damage in healthy men and women.
    Hori A, Mizoue T, Kasai H, Kawai K, Matsushita Y, Nanri A, Sato M, Ohta M.

論文

  • 日立健康研究 I
    • Diabetes Care,33(1):184-189,2010.(Jan)
    Visceral fat area and markers of insulin resistance in relation to colorectal neoplasia.
    Yamamoto S, Nakagawa T, Matsushita Y, Kusano S, Hayashi T, Irokawa M, Aoki T, Korogi Y, Mizoue T.

論文

  • その他
    • J Epidemiol,20: 54-61,2010.(Jun)
    Power-frequency magnetic fields and childhood brain tumors: a case-control study in Japan.
    Saito T, Nitta H, Kubo O, Yamamoto S, Yamaguchi N, Akiba S, Honda Y, Hagihara J, Isaka K, Ojima T, Nakamura Y, Mizoue T, Ito S, Eboshida A, Yamazaki S, Sokejima S, Kurokawa Y, Kabuto M.

メディア紹介

    • 健康ひろば 2010年12月11日発行
    「20歳ころから5kg以上太った人糖尿病の危険2倍以上に」
    南里明子

メディア紹介

    • NHKニュース 2010年11月12日
    「ごはん多い女性ほど糖尿病に」
    南里明子

メディア紹介

    • 新聞各社 2010年11月12日付
    「ごはんと糖尿病リスク」
    南里明子

メディア紹介

    • 日経ヘルス 2010年11月号
    効くニュース「ヘルシーな和食”はうつ症状のリスクを下げる」
    南里明子

メディア紹介

    • Medical Tribune Circulation Today 循環器疾患版 2010年No.9 1面
    「心血管疾患リスク判定は内蔵脂肪CT測定が最良」(2010年9月23日)
    松下由実

メディア紹介

    • 【国内学会】
      第25回日本国際保健医療学会, 宗像, 9月, 2010年
    ガーナにおける学童をヘルスメッセンジャーとした参加型健康教育によるマラリア対策.
    野中大輔, Ayi Irene, Adjovu Josiah K, 花房茂樹, 神馬征峰, Bosompem Kwabena M, 溝上哲也, 竹内勤, Boakye Daniel A, 小林潤.

メディア紹介

    • Medical Tribune Vol.43, No.36
    「~JPHC Studyから~中年期の生命予後、体重維持望ましい」(中年期の体重変化と死亡リスク)(2010年9月9日)
    南里明子

メディア紹介

    • 北海道新聞 2010年6月5日夕刊
    編集委員報告「子どもの力で生活習慣病予防」(スリランカ学校保健)
    溝上哲也

メディア紹介

    • 花王定期刊行誌 2010年5月
    メタボリックシンドローム研究等
    松下由実

メディア紹介

    • NHKニュース 2010年2月15日
    「メタボリックシンドロームの診断基準」
    松下由実

メディア紹介

    • 新聞各社(毎日、日経等) 2010年3月23日付
    「中年期の体重変化と死亡リスク」
    南里明子

学会

    • 【国際学会】
      The 42nd Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health Conference, Bali, Nov, 2010.
    Impact pf pccupational job status on metabolic syndrome risk in working men in Kyushu,Japan.
    Foo LH, Nanri A, Matsushita M, Nishi N, Mizoue T.

学会

    • 【国内学会】
      第69回日本公衆衛生学会, 東京, 10月, 2010年
    成人期における体重変化と糖尿病との関連-JPHCスタディより-.
    南里明子, 溝上哲也, 野田光彦, 津金昌一郎.

学会

    • 【国内学会】
      第57回日本栄養改善学会. 埼玉, 9月, 2010年
    大豆製品・イソフラボン摂取と糖尿病との関連-JPHCスタディより-.
    南里明子

学会

    • 【国際学会】
      ⅩⅧ International AIDS Conference, Vienna, Austria, July, 2010
    Causes of death among HIV-positive patients in the era of antiretroviral therapy in Nepal.
    Poudel-Tundukar K, Pandey D B, Poudel C K, Mizoue T, Kobayashi J, Yasuoka J, Jimba M.

学会

    • 【国内学会】
      がん予防大会2010札幌, 札幌, 7月, 2010年
    中年期における体重変化とがん死亡との関連.
    南里明子, 溝上哲也, 高橋義彦, 野田光彦, 井上真奈美, 津金昌一郎.

学会

    • 【国内学会】
      第25回日本国際保健医療学会 東日本地方会, 3月, 2010年
    国際協力におけるヘルスプロモーション.
    湯浅資之, 溝上哲也, Solange Galvao Coutinho, Maria Luiza Lins E Silva Pires, Jose Ricardo Rodorigues de Mello Filho.

学会

    • 【国際学会】
      国際疫学会西太平洋地域学術会議兼 第20回日本疫学会学術総会, 埼玉, 1月, 2010年
    Association between serum 25-hydroxyvitamin D and depressive symptoms in Japanese: analysis by survey season.
    Nanri A, Mizoue T, Matsushita Y, Poudel-Tundukar K, Sato M, Ohta M, Mishima N.

講演・シンポジウム

    • 三重県津市セミナー, 津, 9月, 2010年
    メタボリックシンドローム研究など.
    松下由実

講演・シンポジウム

    • Dアクションセミナー, 東京, 8月, 2010年
    ビタミンDとがん・生活習慣病の予防.
    溝上哲也, 南里明子

講演・シンポジウム

    • 健康・栄養研究所セミナー, 東京, 7月, 2010年
    メタボリックシンドローム研究など.
    松下由実

講演・シンポジウム

    • 日立クローズドセミナー, 東京, 7月, 2010年
    肥満が引き寄せる生活習慣病群.
    溝上哲也

講演・シンポジウム

    • Vitamin D セミナー(UCSD), サンディエゴ, 4月, 2010年
    ビタミンDと大腸がん・糖尿病.
    溝上哲也

講演・シンポジウム

    • Soy Nutr Inst(栄研), 東京, 2月, 2010年
    大豆(イソフラボン)の糖尿病予防.
    溝上哲也