HOME     J-ECOH検討会     第114回検討会概要 《リワークセンター東京の復職支援》

J-ECOH検討会J-ECOH BLOG

第114回検討会概要 《リワークセンター東京の復職支援》

職域における交互接種の検討と関連論文の紹介

開催概要

日 時:2022年3月12日(土) 10:00-12:00
場 所:疫学・予防研究部/オンライン(ハイブリット)

リワークセンター東京の復職支援 

2022年3月12日に開催された研究会では、特別講演としてリワークセンター東京の岡本ルナ先生に「リワークセンター東京の復職支援」についてご講演いただきました。岡本先生ご自身も日頃よりリワーク支援をされており、リワークセンター東京の運営の成り立ちから、実際の支援に関するプログラムの詳細や取り組みの様子まで様々なエピソードを交えて貴重な話を伺うことができました。

現状、利用する企業の約7割は一度利用したことのある企業で、リワーク支援の利点を広く周知、経験してもらうことが大事であることや、再休職等で復帰後の体調が安定しない理由やその課題など、直接支援されてきた観点からご講義していただきました。また、産業保健職の中でも復帰時の課題となりやすいテレワークを中心とした復帰についても、今まで以上にセルフマネジメント力が求められることを話され、近年そのための支援策が強化されていることなど、実際のプログラムの具体例を交えてご紹介いただきました。最後に、支援の充実化に当たっては主治医・産業医との連携が大事であることが示され、支援する側として欲しい情報やその連携方法などを伺うことができたのは大変参考になりました。

ご講演の後には活発な質疑応答が行われ、リワークセンター東京の支援内容をより深く学ぶことができた貴重な機会となりました。 (文責:大崎陽平)

J-ECOHスタディ 2021年度活動報告

2021年度のJ-ECOHスタディの活動を振り返る時間を設けた。先日作成・配布したJ-ECOHスタディのパンフレットの案内に加えて、J-ECOHスタディの第3フェーズ(2018-2020年度)に実施した生活習慣に関する質問紙調査(共通調査)の集計結果、2020年度までにJ-ECOHスタディで収集した定期健康診断データの集計結果、さらに2021年度に刊行されたJ-ECOHスタディの論文を紹介した。

会の最後には、研究顧問である大久保利晃先生より、総評をいただいた。